2012年02月16日

FXとスワップとFX業者

日本の金利が実質年0.1%も無い中で、オーストラリアドルは
最近年利4.75%で推移しています。
例えば、1万通貨豪ドルを購入して持ち続けると毎日
100円前後、10万通貨単位なら年に数万円の
スワップが入って来ることになります。
低スプレッドと呼ばれる売り買い時の価格差が少ないFX会社は
あまり売り買いをしないスワップ派とはいえ、売買時の手数料に
近いスプレッドは狭い方が得です。低スプレッドのFX会社は
スワップだけでは決められない方や売買に掛かる費用を少しでも
減らしたい方にお勧めです。
極端な場合だと一日に発生するスワップの金利が
高い会社と比べて半分近い会社もあり金利が全てでは
ありませんが、高スワップな会社を選ぶのがお勧めです。
スワップが高い場合は反対に注意が必要な項目があります。
スワップ金利の高い国としては豪ドルやNWドル・トルコリラや
南アフリカランドなどがあります。
ただし、スワップだけで見比べると豪ドルの方がトルコリラより
高く見えますが、1万通貨のポジションを持つのに掛かる費用が
違うため、政策金利と比べて低く見える場合があります。
高スワップ通貨を購入している場合は、ポジションを持ったままで
運用したいのがスワップ派の本音です。
そこで有効なのが好きなタイミングでスワップの出金が出来る
FX業者です。
スワップ出金が出来るFX会社 高金利の有効活用
ラベル:FX スワップ FX業者
posted by 金融まにあ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お金で得する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。