2011年08月21日

うまくいく方法は

よく聞く銀行ローンと消費者金融の違いは
銀行ローンは基本的に銀行の窓口で受けられるもので
面と向かってお金をどういう用途で使うのかを説明して
信用調査を受けて、OKが出れば低金利で融資が受けられる
どこから借りるのが良いかはそれぞれ人と条件によって
異なります。単に金利が安いところがよければ銀行に行って
窓口で借りるのが比較的低金利で借りられます。
カードローンを使う人が非常に多くいます。
このサイトの審査の項目などを参考にしてどこから借りる
べきか、それとも借りないべきかを検討してみて下さい。
インターネットからの申込みはそれだけでは契約が
完了しません。最終的には身分証明書の提示をして
その後に自動契約機でカードを発行してもらい
ATMなどで現金の引き出しや振込の依頼をする必要があります。
まず自動契約コーナーに入ってモニターで新規申込みをします。
その後、契約の事前同意事項などを確認し、本人確認の書類を
スキャナーで読み込みます。
さらに申込み事項をパネルで入力するか書面で記入したものを
またスキャナーで読み込みます。
基本を20-30才台をおいているらしくそれを越えると
住宅ローンがあったりするため審査が慎重になる傾向も
あるそうです。
その次に職業と連絡先があります。もちろん偽りのない
ものを書く必要がありますが、やはり収入の安定性や
その他に当然住宅ローンの有無と毎月の支払い額があります。
反対に意外と重視されないのが年収・月収です。
もっとも重要になる項目のようにも思えるのですが
実際には裏付けがとれないため、多くても少なくても
あてにならないと言うのがローンが会社の言い分のようです。
カードローン・キャッシング・消費者金融の審査と借入
posted by 金融まにあ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットで得する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。